資産運用としてのFX

投機・ギャンブルではなく資産運用として考える時は投機・ギャンブルという不安定な運用から安定した運用への脱却を図ったうえで、リスクに対してより高い、そして安定したリターンを求める事になるわけですが、その中でもFXを資産運用として考えた時、私としては非常に優秀な選択肢だと考えています。

もちろんリスクを取りたくないなら元本が保証された商品を選択すべきですし、それに見合ったリターンしか得られない事を許容すべきですが、FXはその一定のリスクに十分見合ったリターンが期待できると考えています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

低レバレッジを貫く事

FXはそもそも「外国為替証拠金取引」であり、外貨を保有する時点で為替変動のリスクがあります。レバレッジを効かせるという事はこの為替変動のリスクを何倍にも高める事で利益も損失も拡大させるのですが、例えスワップを効かせて長期保有しようとしても、維持率が足りなくなって強制ロスカットされてしまった場合は意図しない大損失が確定する事になります。

強制ロスカットされる事自体が大失敗であり、損失を確定するのは自身の判断ですべきですから、強制ロスカットのリスクを極力排除する事、損失の確定は自身のルールと判断に従って行うべきです。

その為にもFXを資産運用として考えるのであれば低レバレッジを貫き運用を安定させる必要があります。

とはいっても、等倍以下のレバレッジであればそれは外貨預金と同じですのでFXのメリットを享受する事はほとんどできません。
※だいたいは外貨預金よりもFXのほうが手数料が安いので、外貨預金の代わりに等倍でFXをするというのも選択肢としてはアリです

細かい取引(小lot)を徹底する

低レバレッジで取引をする場合、思い切ったポジションを持つとすぐに身動きが取れなくなってしまいます。FXでポジションを持つ行為それ自体が為替変動に対するリスクになりますので、取引の単位を細かくし、取引回数を増やす事で為替変動のリスクを分散させる事が可能になってきます。

為替は細かくレートが上下しますので、その上下の範囲内でも利益を出すために細かく買い、細かく決済して少額の利益を積み上げます。そうする事で利益を取りやすくなるのです。

損切のルール設定

FXでポジションを持つ以上、損失を受け入れる覚悟を持つ事が一番大切で、これが一番むつかしいルール設定です。損を受け入れるって結構大変です。資産運用としてのFXを考える時、2通りの設定があると私は考えています。

1.決済ルールを事前に決めてそれを徹底する

損失が一定になった時点で決済して確定させるルールは心理的なハードルは高いと思いますが、とにかく慣れるしかないです。

FXの性質上100%損失を出さない決済は非常にむつかしく、割りきって損失を認めれないと大きな損失を抱えるリスクが増大します。心に決めていてもいざそのタイミングになったときに躊躇してしまう方が大半ですので、このルール設定で行く場合は事前に発注を出しておくなどして機械的に処理できるようにする事をオススメします。

2.swapも活用して損切せず耐える

高swapの通貨限定に近いルール設定になりますが、どうしても損切がむつかしい方は損切の決済を考えず、利益が出るまで持ち続ける覚悟をするという考え方も無しではないと思います。

高swapの通貨であれば、毎日積みあがるswapを利用して損益分岐点を変化させる事である程度のリスクを吸収することができますが、為替変動はswapを簡単に吹き飛ばす値動きをしますので、この場合はより低リスクを意識した運用をしないと運用に失敗する可能性があります。

まとめ

  1. 低レバレッジを貫く事でリスクの許容量を確保しFXの運用を安定させる
  2. 小lotでの取引を徹底することでポジションを持つ事自体のリスクを分散させる
  3. 事前に損切の発注をする事で機械的なロスカットを徹底する、もしくは高swapの通貨で運用する事で積みあがるswapを利用する

テーマ「資産運用としてのFX」の記事
1. FXは投機・ギャンブル?
2. 資産運用としてのFX
3. 実際のFXで資産運用を試す
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする