スモークチーズを作る

愛用の燻製鍋を使ってスモークチーズを作りました!おそらく皆さんが思っている以上に作るのが簡単でびっくりするかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

チーズの種類

燻製を作る時はナチュラルチーズではなくプロセスチーズにしてください。
smoke-cheese01

ナチュラルチーズは熱を加えると結構すぐ溶けてしまって熱燻だと大変なことになってしまいます。。

プロセスチーズも溶けない訳ではないのですが、ナチュラルチーズよりは熱に強いので温度管理をしなくても大体うまく行きます。

ある程度乾燥させる

これはチーズに限らず全ての燻製工程に必要なのですが、少しでもおいしく作るためにはこの工程がとにかく大切です。

乾燥の目的は煙のノリを良くさせると言ったりしますが、それ以上に「燻製を始めると内部の水分が結構表面に出てくる」のです。熱燻ですから、燻製と同時に温乾の役割もはたしてしまうわけですね。

燻製開始後に表面に水分が出てきた結果、煙の中にある苦み成分が付着してしまい苦くなってしまったり、酢酸が付着して酸っぱくなってしまったりするのです。

ちなみに私がチーズの燻製をする場合は、2時間~4時間くらい放置して乾燥させています。結構適当です。

仕事から終わって帰ってきたらとりあえず準備だけして放置、色々な所用を済ませてリラックス出来たらそれくらい時間が経ってる、という感じでしょうか。

いざ燻製

使っている燻製鍋はこちらでご紹介していますので是非ご覧頂けますと幸いです。

お手軽燻製のススメ
自宅で晩酌をする事もちょくちょくあるのですが、晩酌の肴によく燻製を作ります。友人にもよく、都内じゃ燻...

この鍋のとても良い所は、チップもすごく少量で済むというところ。これくらいの量で作れてしまいます。スプーンおおさじ1杯分くらいです。重量にして5グラムくらいでしょうか。
smoke-cheese03

網をセットしてチーズを置いたらいざ開始です。
smoke-cheese04

煙が出始めるまで火にかけて、煙が見え始めたら蓋をして火を弱めに。そのまま5分くらい待ちます。
kemuri

5分くらい経ったら火を止めて適当に10分くらいそのまま放置しましょう。以上で完成です。この時に表面に水分が付着してしまっていたら、乾燥が足りなかったという事になります。

下の写真で、表面にちょっと色ムラが出ているのがわかると思いますが、これは水分が少し出てしまいました。ちょっと失敗です。

どうでしょうか。予想以上に簡単だとは思いませんでしたか?
smoke-cheese05

ちょっと置いた方がさらにおいしくなる

完成直後はチーズも熱を持っていますし、フニャフニャに柔らかくなっています。できればそのまま少し冷ましてしまいましょう。たったこれだけでスモークチーズの完成です!
smoke-cheese06

愛用の燻製鍋↓

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする