個人信用情報とは何か?

個人信用情報というのをご存じでしょうか。

個人の信用情報を管理している機関は3つあるのですが、私は自分自身の信用情報は出来るだけ綺麗にしておきたいと考えている事と、その意識を維持するためもあって年1回程度、CICという個人情報機関の情報を引き出して確認しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

そもそも個人信用情報とは?

個人信用情報とはそもそも何なのでしょうか。

クレジットカードやローンの申し込み情報(普通そういったものを申し込んだ際には審査がありますが、その「審査された」という情報自体も記録されます)、実際に契約された情報、利用中の契約内容、支払実績、残高などなど、個人信用情報という名前そのまま、その人がどれだけお金に関して信用できる人物なのか、という情報が多岐にわたって記録されているデータベースだと考えてもらって差し支えありません。

支払実績の記号に関してはこの後も詳細を記載していますが、未払いが無ければ良いという甘いものではなく、問題なく引き落としが完了していれば問題はないのですが、例えば残高が少しでも足りなくて口座からの引き落としに失敗した際、色々な要素が絡み合って「支払い情報」の登録が行われます。

一度「未払い」や「遅延」などの情報が記録されてしまうと、当然その直後に何かしらの形で支払いを済ませても、その情報はすぐには消えません。
しばらくのあいだ残り続けるのです。

そのうち記事を書こうと思っていますが、私は不動産の投資もしていますので、そのローン審査時に個人信用情報が理由で蹴られる事を排除するためにきちんと定期的に確認する癖をつけています。

不動産屋さんや銀行の融資担当の方に聞いた話だと、全く問題ない支払がされたという記号「$」以外が一つでもあると審査に引っかかる、という事でした。

よく信用情報に傷が付くとかブラックになるとか言われますが、この「$」以外が記録されている状態を指すのです。

もちろん、そういった投資をしない方も、ご結婚やご出産を機にマイホームを買うとなった場合など、こういった個人信用情報に傷が入っていたら人生設計が狂う可能性もあります。

そう考えると、かなり大切な情報なわけです。

個人信用情報を取り扱う機関は?

個人情報を取り扱う機関は現在日本に3つありますので、それぞれの機関が取り扱う内容を簡単にご紹介します。
※機関名がそれぞれリンクになっています

機関名取り扱い内容
CIC主にクレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社の信用情報
JICC主に信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社の信用情報
全国銀行個人信用情報センター主に銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金の信用情報

それぞれ対象が微妙に違いますが、内容については大きな差はないでしょう。

この記録情報ですが、詳細な内容は各機関一定の基準はあると思いますが概ね以下になるようです。

・契約中は過去2年間の実績を記録
・「異動」記録は5年間情報を保持(長期間の支払い遅延や短期間で連続した場合に記録)
・解約後は5年間情報を保持(解約時直近の2年間の実績は維持したまま)
・申し込み情報は6ヶ月保持

つまり、万が一支払が間に合わなかったなどで信用情報に傷が入った場合は、以降使用する・しないにかかわらず、2年間は契約を維持してから解約をした方が良いということになります。

以下の表に記載している赤字(アルファベット)の記録が一つでもあった場合、その記録が消えるまでは契約を継続して、解約はそれからにしましょう。そうすれば、正常な支払が出来なかった記録が解約時点から5年間残り続ける、という状況は回避できます。

解約さえしなければ支払状況は更新されていきますので、2年後に押し出されて消えるか、5年間(履歴が消える直前に解約してしまったら最大7年)残るかの違いになります。

記号内容
請求通りの入金があった
P請求額の一部が入金
Rお客様以外から入金
Aお客様の事情でお約束の日に入金がなかった(未入金)
Bお客様の事情とは無関係の理由で未入金
C入金されていないが、その原因が不明
請求もなく入金もなかった(例:クレジットの利用がない場合)
空欄クレジット会社等から情報の更新がなかった(例:クレジットの利用がない場合)

冒頭で私がCICを利用していると書きましたが、なぜCICを利用しているかというと、「ネットで完結できるから」という単純明快な理由になります。
利用した数日後に「利用がありました」という通知目的のはがきが来ますので、ご家族に内緒で、といったパターンの方はご注意ください。そうでなければ、大した問題ではありません。

サンプルを見てみよう

と言われてもちょっとイメージしにくいと思いますので、私自身のCICの情報を一部モザイク入れますが参考までに掲載します。

上記の記号は、この画像の最下段に記録されています。

CIC

これはCICの情報開示で手に入る資料ですが開示手数料は1000円、手続きには自分名義のクレジットカードが必要です。

高いと思うかもしれませんが、自分自身の信用情報がどのようになっているかを確認しておけば計画的に将来に備える事が可能になります。

なにより、自分自身の信用力を意識するという事自体が重要だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする