中国輸入とフリマアプリという販路

副業を検索した時、某フリマアプリを中心に中国仕入れの転売で大きく儲かる的な記事や動画を散見します。

ここまで情報が溢れている時点で商売敵の母数が増えすた状態で潰し合い状態になっており、薄利多売を強いられる状況が想像できてしまうのですが、実際どうなのでしょうか。

という事で実際に仕入れて確認しました。疑ってかかる私の思考を地で行きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

実際中国仕入れって安いの?

実際の中国販売価格を知りたい方は中国のサイトに実際にアクセスして値段を見てみてください。

良く言われているのはアリババとタオバオで、リンクはそれぞれ下になります。いきなり中国のサイトを見せられても・・・と思う方は、検索してみたい商品をgoogle翻訳を使って英語か中国語に変換してから検索してみればすぐにお目当てに近い商品が見つかると思います。

■アリババ

■タオバオ

基本的にはアリババの方が大ロット(大量発注)向けと言われており、タオバオと比較して単品価格が安いと言われています。

実際に私が調べてみたところ、例えばフリマアプリで良く売買されている格安のコスプレ衣装は日本で販売されている価格が1000円前後の物は中国価格200円前後でした。

全く知らない方が上記中国サイトの値段を見ると、異様に安く感じるかもしれませんがそれは間違いです。中国の通貨単位は「元」なのですが、この「元」の表記は日本円と同じ「¥」なのです。

その時々のレートによっても変動しますし、中国は日本から直接購入ができないとのことなので代理購入業者を通す事になりその手数料も加算すると大体、1元あたり17~20円が必要になります。

つまり、検索して表示される価格を20倍したら大体の日本円での価格になると考えて大丈夫です。

この数字だけ見れば確かに安いですね。

最初の問題は送料と関税

さて、色々な品物をとりあえず購入してみたとしましょう。中国の場合、購入金額が日本円で合計16666円未満であれば関税が掛からないと言われています。

ただしこれは個人消費という前提で税関の手続きを簡略化させるための措置であり、転売目的であれば関税を請求されますし払うのが当然だという認識は持っておかなければ、意図しない所で関税法違反となります。請求されなければラッキーといった違法上等の考えを持っている方は、後でひどい目に合わなければいいですね。

また、送料が案外かかります。私が試しに1万円程度の商品を買ってみたのですが、その時で送料が8000円程度掛かりました。

上記で書いたフリマアプリで1000円前後で販売されているコスプレ商品の原価が、これで400円近く掛かっている事になります。頻繁な購入や同一商品の複数購入でも個人消費と認められなくなり関税が掛かる場合もよくあるようですので、そうなると原価はさらに掛かります。

結果として・・・・

上記の通り、送料だけで格安コスプレ衣装を平均400円程度で仕入れる事が出来たとします。これを某サイトで売られている平均価格は1000円前後に倣って、同様の値段で販売したとしましょう。

まず、手数料で100円取られます。原価500円。送料もかかります。これは人それぞれ行動できる時間や環境によっても手段が限られますが、最安値あたりで200円から300円かかります。

最安値の200円程度と見積もったとして原価700円です。

さて、出品して商品説明を書いて、売れたとして梱包やあて名書き、発送までの手間を掛けて、さらに関税法違反のリスクを冒して一つ販売あたり300円の利益です。

どうでしょう、皆さんにとってこれは魅力的な副業プランでしょうか?

価値観は人それぞれですが、私は違法リスクを冒す事を推奨する気はありませんし、個人の見解としては「辞めておいた方がいいと思いますよ」と、最初の結論を出しておきます。

そして何より、改めて書きますが違法リスクというより違法だらけです。


テーマ「副業で衣類販売を検討した」の記事
1. 衣類販売の副業を検討
2. 中国輸入とフリマアプリという販路
3. 輸入衣類の販売は難しかった
4. 輸入衣類の販売は難しかったぱーと2
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする