サラリーマンの副収入

私を含めてサラリーマン・ビジネスマンとして生活している人々の中にはいつか起業したい人もいると思いますし、もっと収入を増やしたいのに本業での収入増加が中々望めない人、一つの仕事をする事にリスクを感じている人など、様々な理由で副収入を得る手段、副業を考えている方も多いと思います。私もその一人です。

私が調べた事、実践してみた事を少しづつまとめて行きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

副業が禁止?

早速元も子も無い事を書きますが、就業規則で副業を禁止している企業は多いようです。正直ウザったいですよね。でも、そもそもなぜ禁止されているのでしょうか。
その理由は主に2つ+おまけで1つあるようです。

本業に支障が出る可能性

副業をする事で大なり小なり一定の時間拘束は発生することになりますから、本業の業務時間以外は心身の休息・リフレッシュを図るべきであり、その時間が圧迫される事で疲れやストレスが溜まり、本業で本来のパフォーマンスを発揮する事が出来なくなるという可能性があります。

そしてそのような状況になる事を本業の会社は嫌います。

普通会社は営利企業、利益を出す事を目的とした組織ですから、報酬を払って仕事をしてもらっている以上は報酬以上に会社の利益を生むパフォーマンスを発揮し続けて貰わないと、そもそも雇っている意味がありませんので、これはこれで当然と言える理由だと思います。

視点を変えれば業務時間以外の時間の使い方を制限するという風に捉える事も出来ますし、その部分についての議論や実際の裁判・判例もありますが、多くの人は会社と揉めたり対立したいわけではないですから、「業務時間以外の時間の使い方の制限は不当である」と主張するのは正論であろうがむつかしいですね。

本業と競合する可能性

特に技術者、エンジニア職の方にその傾向が強いと思いますが、本業が提供している製品やサービスに競合する内容の副業を行っていた場合、本業にバレてしまうと危険です。

その副業によって、本業が損失を受ける可能性という部分において、最終的に会社と争いになった場合にも懲戒処分の正当性が認められたり、最悪の場合損害賠償という事態になってしまうかもしれません。
例えバレないと思っても、本業と競合することになる副業は避けておいたほうがリスク管理の面で無難でしょう。

単純に気に入らない

この理由は中小企業に多いと思いますし、経営をしているの知り合いが実際に言っていたのでプラス1で書いておきます。

経営者の視点でいうと、事実・実態はどうでもよく、単純に「本業に真剣に打ち込んでない」という感情論で、業務に支障が出たり競合してしまうなどの合理的な理由以外のところで拒絶しているわけです。

まぁ、わからなくはないです。

深く考えてないけど色々な企業の就業規則を参考にするとよく書いてあるからとりあえず書いておいた、という中小企業もそれなりにあるようです。

就業規則に副業の規程が無ければ副業は自由?

明確に禁止されていなければ副業をしても問題ないと考えるのが多数の感覚かと思いますが、一つ注意点として挙げるとすると以下が労働基準法には記載されています。

労働基準法 第二条
労働者及び使用者は、労働協約、就業規則及び労働契約を遵守し、誠実に各々その義務を履行しなければならない。

つまり社会通念上必要な配慮を行う義務を、使用者(会社側)だけでなく労働者側も負っていると考える事ができますので、副業をする事それ自体は禁止が明示されていなくても、副業をした結果本業に何かしらの影響があった場合はやはり問題になる可能性があります。

結局のところ・・・

最近は副業を認める企業も少しづつ出てきてはいるようですが残念ながら少数派であり、多くのサラリーマンが副業をする為に現状注力すべきは、やはり「バレない」為にどうするか、という所になってくるでしょう。


テーマ「本業の会社にバレないように副業をする」の記事
1. サラリーマンの副収入
2. バレるリスクの高い副業
3. 普通徴収にならなくてバレる事がある
4. 普通徴収にできても結局バレるかもしれない事実
5. それでもバレるリスクを最小にしたいと考えた結論

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする