サイトで利用する素材をどうしようかと悩む

サイトを構築していくにあたり、一番手っ取り早く見た目を良くする方法をどうしようか。と悩むわけですが、一番簡単なのはやっぱり写真や画像を使う事ですよね。

何も気にせず拾ってきた画像を使う事に問題が無いならそれ以上簡単な事はないのですが、そんなことは当然法律違反になってしまいますのでできません。

有料の素材サイトも含めて色々と探してみた結果をまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

よく紹介されているフリー素材サイトを調べた

まずは検索で出てくる「オススメのフリー素材サイト〇〇選!」のようなサイトの情報をもとに、フリーの素材を探してみました。

権利者には当然敬意を払うべきですしクレジット表記をしたくないという訳ではないのですが、サイトで使うすべての画像にクレジット表記というのもいささか面倒というのも本音。

アイキャッチ画像とかいうのに設定する場合もクレジットどこに表記すればいいの?問題が出てきますし、記事がもう少し充実してサイトをきちんと公開し始めたらTwitter連携もやりたいので、SNSで画像を使う場合(アイキャッチ画像で設定したら勝手にTwitterにも表示されるようですし)はどうなるの?とか、考え始めるとキリがない。

そしてフリー素材のサイトを見ても、会員登録を要するところが多い。利用者の囲い込みをしたいとかそういうのも重々承知はしているので当たり前ではあるんですが、IDとパスワードを管理するというのもやっぱり面倒。

面倒くさがりという性格がモロに出ていて困ったものですが、じゃあ、会員登録不要でクレジット表記も必要無いところを探せばいいんじゃね?と思い立ち、色々と調べてみてたところいくつかそういったサイトも見つける事が出来ました。

できましたが・・・・やっぱり素材数が少なく、なかなかピンとくる画像が見つけられないんですよね。

フリー素材・・・?本当に・・・?

そんなこんなでどこがいいかを悩みながら色々なサイトを渡り歩いていた訳ですが、ちょっと衝撃を受ける事態に遭遇してしまったわけです。

著作権フリーの記載がある某素材サイトだったのですが明らかにミッ・・・いや、某ネズミの写真があったんです。有名じゃないですか、そういった事に非常に厳しい企業であると。

その写真がきっかけで、フリー素材サイトをあまり信用しないほうがいいな、と思い始めた訳です。

その思いから、有料サービスも色々と調べ、有料の素材を使うならここにしよう、というところまでは見つけました。

しかし、それ以上に使い勝手の良さそうなフリー素材をとうとう見つけてしまったんです。

CC0という著作権完全放棄の表明ライセンス

詳細はとても詳しい説明をくださっている以下サイトをご確認頂ければと思いますが、概要の一文を引用させて頂きます。

通常は著作権保護期間が切れた作品がパブリックドメインとなりますが、保護期間内でも著作権を放棄したいという場合に「CC0」が使われます。

パブリックドメインとは著作権が消滅した作品を指す言葉です。
通常は著作権保護期間が切れた作品がパブリックドメインとなりますが、保護期間内でも著作権を放棄したいという場合に「CC0」が使われます

こんな素晴らしい制度があったとは。素直に素晴らしいと思います。
大事なことなので2回書きました。ブラボー。

あぁ素晴らしきプラグイン

そしてそのCC0作品が登録されたpixabayというサイトの発見に至るわけですが、このサイトはwordpressで利用しやすくするためのプラグインまであるじゃないですか。
wordpress公式登録されていて「pixabay」で検索すれば出てきますが、下のイメージにもリンクをつけていますのでよろしければどうぞ。
pixabay

プラグインの導入方法を説明したサイトはいくらでもあるので、やり方がわからない方はぜひそちらで。

そしてついに、私のサイトが彩豊かになろうとしています。楽しみです。でも手間がかかるのは面倒ですしそんな事言ってられないほどサイトの中身が無いので、とりあえずは中身のある記事を増やせるように頑張ります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする